器季家カフェ

 

 

 

※地震の影響で無期休業中 

 

 

 

■レンガに囲まれた町屋がカフェに


100年近く前に卸問屋(油、小麦、砂糖などを扱っていた)として建てられた町屋にできた「器季家カフェ」(ききや・かふぇ)。レンガ壁が印象的なこの建物は熊本市の景観重要建造物に指定されていますが、40年間も空き倉庫でシャッターが閉じたままでした。

 

そんなすばらしい建物を再生させたいという、オーナーの強い気持ちがカフェ開店の原動力となり、2011年10月24日に「器季家カフェ」がオープンしました。

 

 

■熊本名物がいただけます


店内でいただけるのは、馬肉の甘辛丼(さくら丼)と熊本名物の米粉を使った団子汁のセット(1,000円)をはじめ、100%手作りで、素材の味が体にしみわたるやさしい味のメニューばかり。また、皮のもちっとした食感がたまらない五福団子(いきなり団子)も看板商品です。

 

そのほか、皮ごとしぼった無農薬の100%ジュース(400円~)、益城町の芋農家さんが作ったスイートポテト(300円)、大学いも(250円)なども皆様に好評を得ています。

 

 

■作り手と消費者をつなぐ場所

 

オーナーのテーマのひとつに「つくるdeつなぐ」というのがあり、熊本を元気にしたいとの思いから、地元の作り手と消費者をつなぐ試みもみられます。店内には熊本の陶芸家さん、布作家さんの作品、肥後の和てぬぐいなどが展示販売され、時には、書道教室、お花の展示会、ライブや農村のイベントなども開催されます。

 

 

■お店から一言

 

「100年近い昔の落ち着いた空間で、ゆっくりとしたひとときを過ごしていただけたら幸いです」

 

 

 

 

「粋な和ゴコロ展」

2014年5月1日(木)~24日(土)

※期間中は11日(日)18日(日)のみ店休

※駐車場がありませんので公共交通機関か近隣コインパーキングをご利用ください

器季家カフェ
器季家カフェ
住所 熊本市中央区西唐人町10
問合
営業
休み 無期休業中
HP http://dangoya.exblog.jp/
分類
地図
  • 風流街浪漫フェスタ

    「新町古町 町屋めぐり」お立ち寄り特典

    五福風流街 大のれん市

    ご近所特権 商栄会ファンカード

    小学生が作る五福パンフレット