武蔵屋

 

 

■古き良き日本の履物店

 

創業110年あまりの老舗履物店。慶徳小学校近くで創業し、戦中に唐人町通りに移転。昔ながらの町屋で商いを続けています。

 

売れ筋は「竹の皮の草履」や「竹の皮の右近下駄」。夏は涼しく冬は暖かく、殺菌作用もあるすぐれもの。「武蔵屋」がず~っと作り続けてきた超ロングラン商品です。有名な俳優やタレントの中にも愛用者が少なくないそうです。

 

 

また、細川藩時代の武士が履いていたといわれる、由緒ある「肥後の駒下駄」も人気。阿蘇の小国杉を使っているというこだわりようです。

 

 

変わったところでは、スポーツ選手には「一本下駄」が人気で、陸上選手、競輪選手、空手選手などがバランス力や精神力を養うために購入しています。

 

 

■職人気質の大将が作るこだわりの逸品

 

先代に「お客様を見て、その人がどんな鼻緒が好きか、瞬間的に分かるようにならないといけない」と鍛えられた三代目のご主人のモットーは、ずばり「手抜きをしない」。

 

お客様に満足してもらえるように、見えないところにも真心を込めて作業を施します。お客様の体型・足の形などに合わせて履物を作るのですが、そのためには昔ながらの技だけでなく、日々腕を磨いていくことが大事とのこと。

 

 

そんな三代目は、日本でも珍しい「鼻緒挿げ技能士」*の一人で、外国で実演販売したこともあるとか(ドイツや香港など)。

長年の実績や技術が認められて表彰状などをたくさんもらいはするものも、飾るのは嫌い。「そのことでお客様に来てもらおうとは思っていない」と、あくまでも商品や技術で勝負する心意気です。

 

*「鼻緒を挿[す]げる」=下駄に鼻緒を取り付けること

 

 

「武蔵屋」の履物は、履けば履くほどその良さが分かるから、お買い上げの際はぜひ永く愛用してください。お店では長く履くコツも教えてくれますよ。

 

武蔵屋
武蔵屋
住所 熊本市中央区呉服町1-1
問合 096-352-6497
営業 9:00~18:30
休み 日曜、祝日
HP
分類
地図
  • 風流街浪漫フェスタ

    「新町古町 町屋めぐり」お立ち寄り特典

    五福風流街 大のれん市

    ご近所特権 商栄会ファンカード

    小学生が作る五福パンフレット